湯シャンした風呂上がりの管理人の頭部の写真

湯シャンとは、その名の通りお湯のみで髪と頭皮を洗う方法のことですが、

髪と頭皮に優しいからと初めて見たものの、
断念する人も多いと思いますので
ココでは、管理人の私が続けてみて実感したこと。

管理人(マチ)管理人(マチ)


湯シャンを初めてから半年ほど経過した感想をご紹介したいと思います。

結論から言うと、湯シャンはメリットが多いと実感してます。
おすすめしたいですが、注意点があるなと感じたのでその点も交えてお伝えしたいと思います。

湯シャンを始めるまえに

check

湯シャンを始める前に、高級アルコール系シャンプーを使っている方なら、
アミノ酸系シャンプーに変えることをおすすめします。

高級アルコール系とは一般的な安価なシャンプーなのですが、洗浄力が強いため、皮脂の分泌が増える傾向にあります。

洗浄力が強いとシャンプーで皮脂を奪い過ぎて乾燥の原因になります。

慢性的に皮脂を奪い過ぎていると、皮膚を守るために必要な皮脂が不足して分泌が増えます。
すると、1日洗髪しないだけでベタベタしたり、シャンプーして次の夜にはベタついたりします。

なので、まずはアミノ酸系のシャンプーに変えることをおすすめします。

湯シャンを初めて断念する理由の多くはコレ

シャンプーボトルに×マーク

脱脂力の強いシャンプーで洗っていると、シャンプーする度に皮脂を奪い過ぎて乾燥するため、それを毎日毎日繰り返すことによって、皮脂が不足するので分泌が増えるということをお伝えしました。

頭皮だけでなく、皮膚をおおう皮脂は肌を守るために必要だから分泌されています。

なので、ゴシゴシ洗ったり強い洗浄力のシャンプーで洗っていると、皮脂の奪い過ぎの反動で、逆に皮脂の分泌が増えるようになります。

皮脂の分泌が増えているにもかかわらず、いきなり湯シャンを始めると

  • ベタベタする
  • 髪がゴワゴワする

と湯シャンなんか無理ということになってしまいます。

合成の高級アルコール系シャンプーの強力な脱脂力と、ナチュラルな湯シャンとの洗浄力のギャップでお湯だけだと油分が抑えられないんです。

なので、
まずはシャンプー自体をマイルドな洗浄力のシャンプーに変える
そうすることで、徐々に皮脂バランスを整えることにも繋がります。

まずは半年、1年くらいはアミノ酸シャンプーに変えてシャンプーを続けると良いです。

湯シャンを始める前の頭皮の準備

管理人(マチ)管理人(マチ)


私はもともと超乾燥肌で、高級アルコール系シャンプーでフケ・かゆみが止まらず、その後炎症を起こして一時は脂漏性皮膚炎にもなったので、
もう10年近くアミノ酸系のシャンプーでした。

安価な高級アルコール系シャンプーを使っていると、皮脂の分泌が増えていてベタベタしやすいと思います。

湯シャンを始める前にどれくらいの期間アミノ酸シャンプーで続けるかは、あなたの頭皮の状態によると思いますが、私はずーっと育毛シャンプーを使い続けていますが、それでも湯シャンを始めた最初は違和感を感じました。

なので、まずはアミノ酸系のシャンプー。
またはアミノ酸系の育毛シャンプーやスカルプシャンプーに変えて半年から1年くらいは頭皮の皮脂バランスを整えてから湯シャンをスタートさせることをおすすめします。

湯シャンを初めて1ヶ月くらいで感じたこと。

管理人(マチ)管理人(マチ)


最初は、1日おき、2日置きで湯シャンを始めました。

1日おきか2日置きかは、

「今日は少し汗かいたな」とか
「少しベタつくかな」と感じたときは
1日おきでシャンプーし、

「今日はそれほどベタつき感じないな」
という日は、2日続けて湯シャンするというように続けました。

1ヶ月くらい続けて感じたことは、

アミノ酸系の育毛シャンプーを続けていて、皮脂の分泌も随分と抑えられていて良い感じだなと思っていたのですが、1日おきで始めてベタつきを感じることは結構ありました。

それでも2週間、3週間と続けていくと、

髪にハリとかコシとか出てくるのが実感しましたし、
シャンプーしたときより、湯シャンのときの方が毛髪のボリューム感も良いですよね。

着実に良い効果が表れていると実感できてえいたので、このまま続けようと考えました。

3か月くらい経過してみて

2~3ヵ月くらい1日おき、又は2日置きで湯シャンを続けていくとベタベタしにくくなるんですね。

最初に、シャンプーの洗浄力が強いと皮脂を奪い過ぎて、それが原因で逆に分泌が増える
という話をしましたが、

湯シャンを取り入れて続ける事で、皮脂の奪い過ぎを防げているので、徐々に皮脂の分泌が抑えられて、ベタつくなと感じることが少なくなってきました。

それでも、2日置きだとかゆみが出たりすることもあり、

ペースとしては1日おき、又は2日おきにアミノ酸系のシャンプーで洗いながら
湯シャンを続けました。

半年くらい経過してみて

湯シャンをスタートして半年くらい経過して。

相変わらず1日おき、または2日おきにアミノ酸シャンプーで洗っています。

5~6か月後は、2日おきにシャンプーすることの方が多くなりました。

管理人(マチ)管理人(マチ)


ベタつくことが減りましたが、
「洗うこと自体は」毎日欠かさない方が良いかなというのが今の感想です。

まだ半年くらいなので、脱シャンプーで毎日湯シャンのみで行けるほどになるとは思っていませんが、髪のハリやコシ、ボリューム感などは以前より良い感じです。

30代40代と髪の太さや頭皮に不安を抱える方ほど、チャレンジしてほしいと思います。

高級アルコール系よりも高価なアミノ酸系の育毛シャンプーですが、
湯シャンと併用することでシャンプーは毎日使わない分、2倍から3倍長持ちしますしお財布にもメリットがあります。

湯シャンを取り入れる方法まとめ。

今後も、このページに経過を追記していきたいと思いますが、

いきなり湯シャンを始めるとベタベタするし、
違和感を感じて断念する人が多いようです。

私の友人も数人ですが、始めた人はすぐに断念しました。苦笑

その理由は、
やはり段階的に刺激を軽減するということをせずいきなり始めたことに合ったんじゃないかと思いました。

現在、高級アルコール系シャンプーで洗っている方は、目に見えるトラブルがなくても皮脂の分泌が通常より増えてる傾向にあると思いますので、湯シャンを取り入れるなら、まずはアミノ酸シャンプーに変えて頭皮への刺激をやわらげて上げることが先決です。

アミノ酸シャンプーを半年から1年くらい続けて、マイルドなシャンプーに頭皮が慣れてから、

最初は3日に1回とか、2日に1回とか
少しずつ湯シャンの日を設けてゆっくり頭皮を慣れさせてあげると良いですよ。

湯シャンを続けて実感したメリット。

管理人(マチ)管理人(マチ)


最後に、湯シャンを続けて実感したメリットをご紹介します。

  • 頭皮や髪のベタつきが減った。
  • 髪にハリ・コシが出てきた。
  • ボリューム感が出てきた。
  • かゆみやフケが出ることが減ってきた。
  • シャンプーを使う量が減ったので長持ちする

今のところ、このように感じてます。

デメリットは

始めた最初の頃は、
ベタベタするかなとか、なんだかさっぱり感ないなと
そのような違和感みたいなものがありましたが、慣れたら全く感じないです。

今では逆に、シャンプーで洗うと湯シャンのときよりボリューム感がないように感じるほどです。

あとは、
湯シャンのみか、
毎日シャンプーするか。

どちらかにする必要はないかなと。

夏場なんかだと、やはり2~3日に1回はシャンプーしたくなりますし、これは頭皮の肌質にもよると思います。

アミノ酸系のスカルプシャンプーや育毛シャンプーは洗浄力もマイルドですし、頭皮のコンディションを整える働きのある美容成分も配合されています。

湯シャンの日、
シャンプーする日の頻度は、
自分が心地良い感じの配分を見つけていくと良いと思います。

私は、半年経過して2~3日に1回ペースでシャンプーしてます。

1週間に1~2回のシャンプーで済むくらいになるかなとも考えていますが、今のペースでも十分に髪と頭皮の状態が良好なので湯シャンを始めた効果は十分に感じてます。

あなたも、まずはシャンプーを優しいものに変えて徐々に刺激を減らしながら少しずつ湯シャンを取り入れてみると良いですよ。

あと、最後になってしまいましたが、
シャワーカートリッジも変えました。

カルキ抜きできるものに。

因みにコレです。

1日1人8分使用としてろ材の取り換えは4ヵ月が目安です。

こちらはろ材。2個入り