風呂上り濡れた髪をバスタオルで拭く女性

何気なくやっているシャンプー。あなたが方法はシャンプーは正しいですか?

もしかすると今やっているシャンプーは間違っているかもしれませんよ!?

シャンプーやヘアケアは毎日の事ですから、誤ったケアの方法を続けているのはトラブルの元です。

特に今現在、髪や頭皮にトラブルや不安のある方は、一度ここでご自身のシャンプーを確認してみましょう!

正しいシャンプーの使い方

髪を濡らす前に

まず乾いている状態で、よくブラッシングをする。
強くやりすぎてしまうと頭皮を傷つけてしまうので、優しく汚れやほこりを落としてあげる。

濡らし

しっかりと髪全体を濡らしていく。このとき頭皮までしっかり濡らすことで泡立ちも良くなり、シャンプーの量も少なくすみます。

シャンプーを泡立てる

シャンプーを適量取りそのままつけるのではなく、しっかり泡立ててから髪の毛ではなく頭皮につけていき馴染ませていきます。
手では泡立てにくいという方は、泡立てネットを使うのも良いです。

優しく洗う

頭皮をゴシゴシ洗うのではなく指の腹を使ってマッサージをするように丁寧に洗っていきます。
シャンプーの目的は髪の毛を洗うのではなく、頭皮の汚れや不必要な皮脂をキレイにすることです。

すすぎ

シャンプーをきちんと流さないと、毛穴が詰まる原因になったり頭皮に炎症が起きたりなどトラブルになってしまうので、すすぎはしっかりと優しく十分に流していきましょう!

正しいコンディショナー・トリートメントの使い方

コンディショナー・トリートメント塗布

シャンプーをしっかり流した後コンディショナー・トリートメントをつけていきますが、頭皮にはつかないようにしましょう!
また、この時コンディショナーのつけ過ぎには気をつけましょう!

コンディショナーは髪の毛をコーティングするものなので、頭皮からつけてしまうと、頭皮が呼吸できずらくなり毛穴が詰まってしまうなどのトラブルになってしまうので、コンディショナーやトリートメントをつける際には中間~毛先につけましょう!

すすぎ

シャンプーと同じくしっかり流しすぎてしまうとコンディショナーの効果が悪くなってしまうので、均等に流しコンディショナーのヌルヌル感がなくなってきたらすすぎは終わりです。

ワンポイント
コンディショナー・トリートメントをつけたらすぐ流すのではなく、少し時間を置いてあげると効果が高まります。

シャンプー・コンディショナー・リンスのすすぎタイミング

シャンプーのすすぎ

シャンプー剤が残らないようにしっかり指で頭皮をこすりながら時間をかけて流していきましょう!

コンディショナー・コンディショナー・リンス

コンディショナーのコーティングが流れてしまっては意味がないので、シャンプーよりは神経質になることはありません。
コンディショナーは頭皮に直接つけることはないので、軽く流す程度で大丈夫です。

肌質別で頭皮のために見直したいシャンプーの頻度とは?

乾燥肌
安価なシャンプーほど洗浄力は強い傾向にあります。アミノ酸シャンプーや敏感肌専用を使うなど対策をしてプラス「湯シャン」を取り入れていきましょう!
湯シャンを取り入れてることで頭皮の乾燥を防ぐことができます。
乾燥が酷い場合は症状が悪化を防ぐためにも毎日洗わない方が良いです。

湯シャンの頻度としては最初は1日置きから始め少しずつ感覚を空けていき、ご自身で頭皮が快適な頻度を見つけると良いです。

オイリー肌
皮脂の分泌が多く頭皮が脂っぽくなってしまっているオイリー肌の方は、少し洗浄力が強いものを選びましょう!
基本的にはシャンプーは1日1回なのですが、気になって仕方がないという方は夜はしっかりと洗い朝起きてもベタついている場合は『湯シャン』で皮脂を流してあげましょう!

オイリー肌の方は皮脂が溜まりすぎては毛穴が塞がってしまい細毛の原因や皮膚トラブルにもなるので、毎日洗いましょう!

普通肌
頭皮が乾燥でもなくオイリーでもない普通肌の方は維持していくために、湯シャンを取り入れていきましょう!普通肌の方であれば1日置きの湯シャンで、健康な頭皮を保つことができます。

年齢別、頭皮のために見直したいシャンプーの頻度とは?

20代
皮脂の分泌が多い年齢です。中には敏感肌・乾燥という方もいらっしゃると思います。
基本的には毎日シャンプーすることが望ましいです。
敏感肌・乾燥肌という方は刺激の少ないものに変えたり湯シャンを取り入れていきましょう。

30代
ホルモンバランスの変化など身体の変化が現れてくる年代です。
30代からは湯シャンを積極的に取り入れていき、頭皮が乾燥しないようにシャンプーの頻度を1日置きにしていきましょう。

40代以降
40代を過ぎるとますます乾燥しやすい体質になってきます。
シャンプーも無添加のものに変えたりとシャンプー選びにも慎重にしていきましょう!
無添加のものに変えることで、頭皮への刺激も少なく安心して使えます。

湯シャンを中心にしていくことで、乾燥を進行も止めることができます。
シャンプーの頻度としては理想的なのは2・3日に1度がベストです。

年齢や肌質で決めるべき

ここまで使い方やすすぎ方をご紹介してきました。

頭皮も顔と同じ皮膚ですから、ゴシゴシ洗ったり洗う度に乾燥することを覚えておきましょう。

ご自分の年齢や肌質で、湯シャンを取り入れながらシャンプーの頻度を調整して、髪と頭皮が快適な状態を探していくと、シャンプーやトリートメントの質を高めながら同時に節約にも繋がり、髪と頭皮にも優しくトラブル予防やアンチエイジングにも繋がりおすすめです。