艶々な自分の髪を触る女性

美容師(マイ)美容師(マイ)

リンスやトリートメント・コンディショナーについて、正しい使い方と選び方についてご紹介します。
ヘアケアは毎日の積み重ねですから、ちょっとした間違いや勘違いで髪を傷める原因になってしまいます。

年齢を重ねるほど、また髪が長いほどケアは大切ですので参考にしてみてください。

リンスとトリートメント、コンディショナーは何が違う?

図解。トリートメントは内部補修。リンス・コンディショナーは表面を補修

トリートメント剤には種類がいろいろありますが、その違いはどこに作用するかにあります。

髪は痛むとマイナスに帯電します。

リンス、コンディショナーの主成分であるプラスの電化をもったカチオン界面活性剤は、傷んだ箇所にくっつき、髪をコーティングし主に毛髪表面に働きかけます

一方、毛髪内部にまで染みこむのがトリートメント。
毛髪の構成成分を深部まで届け、髪の強度や弾力、保水力などを補修します。

併用するときは、
トリートメント→リンス、コンディショナーの順に使いましょう。

例えるならインバスは飲み薬、アウトバスは塗り薬

トリートメント剤を、使用するタイミングで分けると、お風呂場で使うインバストリートメントとお風呂場の外で使うアウトバストリートメントの2つになります。

シャンプー直後のまっさらな髪につけるインバストリートメントは、飲み薬のように毛髪内部に浸透していきます。
髪が濡れてキューティクルも開いているので、コンディショニング成分を深い層まで届けやすいんです。

一般的に洗い流さないトリートメントと呼ばれているアウトバストリートメントは、主に髪の表面に作用する塗り薬のようなものです。
油分などで皮膜をつくり毛髪をコーティングすることで水分保持力を高めたり、指通りやツヤを改善したりするものがほとんど。

美容師(マイ)美容師(マイ)


アウトバストリートメントは、濡れた髪、乾いた髪、両方に使えたり、スタイリング機能を兼ねそろえていたりと、活用範囲の広いアイテムが多いのも特徴。

アウトバスの朝ケア、夜ケアとは

アウトバストリートメントで日中のダメージ対策を

紫外線や物理的刺激などから髪を守るためにも、アウトバストリートメントで髪をコーティングするのがおすすめ。

夜のオイル使用はひかえめに

髪はタンパク質や水分を蓄えた状態で寝るのがベスト。
ただし、オイルは肌につくと皮膜を作って肌荒れを起こすことがあるので使用量には注意して下さい。

洗い流し不要トリートメントおすすめランキング

トリートメント剤の正しい付け方

インバストリートメントもアウトバストリートメントもつけ方は基本同じです。

傷んでいる部分は主に毛先。
根本は生まれたての状態なのでダメージもほぼありません。

根本にトリートメント剤をつけると頭皮の毛穴をつまらせ、逆にダメージの原因になることもあります。
せっかく使うなら効く場所を間違えないようにしましょう。

手のひらではさむように中間から毛先へ

手のひらではさみこむようにトリートメントを馴染ませる女性

手のひらで髪を優しくはさむようにして、中間⇒毛先に向かってトリートメント剤を大まかにつけます。

両手でコーミング

髪を指に挟みこんでコーミング

両手を交互に使ってコーミングしながらトリートメントを馴染ませます。
数回繰り返すと髪にまんべんなく絡みます。

毛先に向かって絞っていくように

髪を絞るように馴染ませる

中間から毛先に向かって髪を軽くしぼっていきトリートメント剤をなじませます。

美容師(マイ)美容師(マイ)


3~5分程度おくと良いですよ。
すすぎは洗い残しが内容に丁寧にしっかりすすぎましょう。

髪の状態やケアしたい目的で選ぶ、トリートメント剤の選び方

トリートメントはダメージのある頭髪に染み込み、内部から補修、キューティクルを整えてサラサラな髪をキープする働きがあります。

トリートメントを購入する際は、配合されている成分やタイプ・種類をよくチェックすることがオススメ。
自分の髪の状態に合わないトリートメントを使っても十分な効果を実感することはできません。

ヒトの髪質は1種類だけではありません。
サラサラ質だったり、ゴワゴワ質だったり。

また、枝毛が酷かったり切れ毛が目立つ場合もあります。トリートメントを購入する前に自分の髪質や状態を確認しておくようにしましょう。

トリートメントにはそれぞれの髪質に特化した種類がいくつも販売されています。
枝毛や抜け毛を防いだり、乾燥から髪を守るといった有効作用がプラスされているものもあり、多過ぎてどの種類が自分の髪質に合うのか分からない!というときには美容室などでアドバイスをもらうと良いと思います。

トリートメント剤選びに迷ったら、プロの知恵を拝借

自分にあったトリートメント剤をみつけるには、毛髪やダメージ状態を知ることが大事。
でもこれって意外と難しいですよね。

  • クセの有無
  • 毛量の多少
  • 毛の太細
  • 髪の剛柔

などチェックポイントが多い上に、ほかの人とさわり比べた経験もあまりないために、客観的判断がしにくいですよね。

私の髪は固いから…という人の髪質が実は柔らかいということもしばしば。

トリートメントのアイテム選びに迷ったら、行きつけの美容室で相談するのが一番。
たくさんの人の髪をさわってきた経験から、髪質やダメージ具合を的確に判断して、最適なアイテムを教えてくれるはずです。

自分の髪質について深く知ることにもなり、トリートメント以外のヘアケアの製品も選ぶのがうんと楽になりお手入れの効率もアップすると思います。
困ったときにはプロの知恵を借りるのも賢いヘアケアの方法の一つです!

成分表を読める人になるとより選びやすくなるので主成分を頭に入れておこう

シャンプー同様に主成分は配合量の多い順にトリートメント剤も並んでいます。

エモリエント系(しっとり感を与える成分)
  • コレステロール→髪を乾燥から守り、弾力を与える
  • セラミド→バリア機能と保湿効果がある
  • 18-MEA→指通りをなめらかにする。
  • マカデミアナッツ脂肪酸→皮脂成分に類似した保湿力の高いエモリエント剤

 

強化系(ハリやコシを与える成分)
  • 加水分解ケラチン→ハリ、コシを与える
  • 加水分解シルク→指通りをなめらかにする。
  • メドウフォームラクトン→60度以上の熱に反応し、髪をプロテクト。
  • バリア機能を高め、指通りをなめらかにする。
  • ヒドロキシプロピルとリモニウム加水分解コラーゲン→カチオン化コラーゲンとも呼ばれ、吸着性に優れている。

 

保湿剤(潤いをあたえる成分)
  • グリセリン→液状の保湿剤で、保水性が高い。
  • 加水分解コラーゲン→毛髪の内部にまで作用する。
  • ポリクオタニウム→潤いの皮膜をつくり、ヒアルロン酸の約2倍の保水力をもつ。
  • ヒアルロン酸ナトリウム→天然の保湿成分。

女性の髪と頭皮を育むセットで使いたいコンディショナーやトリートメントとは

すでに生えている髪は自ら補修する力がないので、トリートメントやコンディショナーでのケアがキレイな髪を維持するのに欠かせません。

また、ハリやコシのある元気な髪を生やすためには頭皮が健康である必要があります。
頭皮に張り巡らされた毛細血管の血流にのって毛根へと栄養が運ばれます。

フケやかゆみなどトラブルを抱えていたり頭皮が固くなっているなら要注意、健康な髪が生えにくくなっている恐れがあります。

毛髪のケアにおすすめの特集はこちらから。

女性用シャンプーおすすめランキング
洗い流し不要トリートメントおすすめランキング