目の前のハンバーガーを我慢する女性

枝毛や切れ毛が目立っている…、バサついてまとまらない。
髪に元気がない。フケやかゆみなどのトラブルも出やすい

「髪はどうしたら健康になるの?!」
と、お悩みなら食生活からもヘアケアを見直してみて下さい。

シャンプーや育毛剤を見直すことはヘアケアに効果的ですが、それだけではケアしきれない部分もあります。

偏った食生活や不規則な食事に心当たりのある方は参考にしてみてくださいね。

栄養バランスを簡単に判断する方法。5色でそろえるカラーリングチェックがおすすめ

色どり鮮やかな数々の野菜

正しいシャンプーやストレッチを身につけすぐにその効果を実感できた人もいるでしょう。
しかし、その場の効果は残念ながら長続きしません。

だからこそシャンプーやストレッチは毎日の習慣にして長く続けていくことが大事なのですが、これはカラダの外側からのアプローチ。

髪は体の一部ですから、体の内側からの働きかけも同時に考えていく必要があります。

外的アプローチに加えて正しい食生活を送ることによる内的アプローチの充実が、髪の美しさを長く保ち続ける秘訣といえます。
つまりバランスのよい栄養補給です。

そこでおすすめしたいのが、食事のカラーリングチェック
これは、赤、白、黄、緑、黒の5色を目安にメニューをそろえると、だいたい栄養バランスのとれた食事になりますよ!というお話。
これはどの食材がということでなく、見た目で判断する一つの目安になりますので覚えておいて損はないと思います。

美容師(マイ)美容師(マイ)


色どりで栄養バランスが摂れるというのは、例えば白い野菜に含まれる栄養素は似ていて、緑も似ている。色を意識して選ぶとバランスが取りやすいという選び方です。

タンパク質が美髪を育む!

健全な発毛、育毛と美髪のための食生活のポイントが、髪の主成分であるタンパク質の充分な摂取です。

タンパク質は植物性、動物性の2種に大別され、植物性は小麦などの殻類、豆類、ナッツなどの種実類や野菜などに、動物性は魚や肉、卵に多く含まれています。

なかで植物性タンパク質、特に大豆類は、動物性タンパク質よりも栄養バランスが良いだけでなく、体内への吸収率が高く、悪玉コレステロールにもなりにくいため意識的に摂取するよう心がけると良いです。

1日3回偏らずに食事することから始めよう

焼き魚とみそ汁、卵焼きと浅漬け、納豆が乗ったご飯。日本的な朝ごはん

言葉にするのは簡単ですが、生活上なかなか実行するのは容易ではない人もいるでしょう。

ですので毎日、朝昼夜いずれかの食事で納豆や豆腐、枝豆、油揚げ、味噌汁やおから・豆乳などの大豆食品を摂るような食習慣をつけることは、美髪にとって非常に望ましい環境作りになります。

まずは簡単に摂取できる大豆食品から摂取してみては?
やらないより、少しずつ髪に良いとされる食品を摂取していくことが大切です。

ビタミンB群補給が女性らしさを高める!タンパク質とビタミンB群の合わせが効く!

食べる機会を増やして欲しいのが、サバやイワシなどの青魚。
これは動物性タンパク質の摂取もありますが、それ以上にタンパク質やエネルギーの吸収を助ける分解酵素ビタミンB群の存在。

青魚は、ビタミンB6を多く含み、月経前の諸症状や妊娠中のつわりをも和らげ女性には特に縁の深いビタミン。

ほかにも中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる働きをする栄養分が豊富に含まれています。

体内で合成することができないミネラルを心がけよう!ミネラルはどんな食材から補給できる?!

髪に良い食べ物といえば、多くの人がわかめやひじきといった海藻類を思い浮かべるのではないでしょうか。

実際、海藻類には、健康を保ち、艷やかで美しい髪をつくるのに欠かせないミネラル成分が豊富に含まれています。

ではミネラルとはなにか。
特に毛髪に必要とされるミネラルは、亜鉛、マグネシウム、ヨウ素、ケイ素、銅の5つと言われています。
これらを必須元素と呼び、体内で合成することができず、毎日の食事から摂る必要があります。

そこで、どんな食材からとれるかというと、たまごや牛肉、豚レバー、ブロッコリーや納豆、ほうれん草や豆類、芋、玄米、雑殻なんかがそうです。

水分補給でデトックス効果を高める!1日2リットルを目処に。

ペットボトルの水を飲む女性

健康な髪は12~14%程度の水を含んでいるといわれます。
ところが最近では半分以下の人が少なくないようです。

髪の乾きに対応して、霧吹きを使って水で髪に湿り気を与えようとケアしている人もいるかもしれませんがこの方法は間違いです。

逆に雑菌の繁殖の温床とするばかりでほとんど効き目はありません。

髪に水分を届けるには、体の内側からのアプローチも必要。
つまり経口からの水分補給が欠かせません。

髪の健康のためにも1日最低2リットル程度の水分を補給したいものです。
髪はぱさつきという形で、いち早く警告のサインを発してくれていますから、髪の乾燥やバサつきは水分不足のサインかもしれませんよ。

水分補給におすすめの飲み物、避けるべき飲み物

美髪や薄毛対策のために「飲み物」に気を使っている方も多いと思います。
健康な髪作りは食生活からと言いますが、毎日の献立を考えるのも大変ですし、常にバランス良い食事ができるとは限りません。

一方、飲み物であれば文字通り飲むだけですし、温かいものだと身体も温まります。
一番おすすめはココア。
ココアには体を温め、頭皮の血行を良くする作用の他、含まれるポリフェノールの作用によって抜け毛や薄毛の原因となるストレスの解消にも役立ちます。

さらに原料となるカカオには、美髪作りに欠かせないミネラルが豊富に含まれています。

ダメ!というほどではありませんがアルコール類はたしなむ程度に、あとは糖分の高い炭酸飲料は抜け毛を増やしてしまう原因になりますので適度にしましょう。

ときどきテレビで取り上げられるダイエット法のように、ココアも話題になった事もありますが流行り廃りでなく習慣にしてコツコツ続けることが大切です。ただしココアも糖分はほどほどに♪

毛髪に効くエストロゲンに似た働きを行う嗜好品もありつつ適度なバランスで美髪効果あり!

食生活を改善しましょうなどというとお酒やお菓子のような嗜好品は我慢したほうがいいよねという考えがでてきますが、必ずしもそうではないです。

本来、栄養価は期待されず、あくまで生活の彩り、楽しみとして飲食される嗜好品の中にも、美髪効果が期待できる物質を含むものがあります。
たとえば赤ワインに含まれるポリフェノールは、高い抗酸化作用があることが知られています。

イソフラボンもポリフェノールの一種ですが、イソフラボンは、いわゆる女性ホルモンとして髪の成長を促すエストロゲンと似た働きをします。
チョコレートもエストロゲンのように作用する物質を含む食品です。

だから楽しみや彩りだってあっていいんです。
ただし、バランスだけは忘れないこと!