育毛剤を使っても抜け毛が止まらないと心配する男性

育毛剤を試しているけど全然効果を実感できない…

「どれだけお金を掛けたら良いのか!?」
「自分には育毛剤が効かないの?」

育毛剤は決して安いものではありませんし、どんな評判の良い育毛剤でも続けなければ効果は表れないものです。

それなのに効果が感じられなければ、ハゲは進行していきますし、今まで掛けたお金も無駄になってしまいますよね。

このような方は育毛シャンプーの併用をおすすめします。

薄毛や抜け毛には、人それぞれ原因が合って使った全ての人が効果を感じるものはなかなかないでしょう。

でも、もしもあなたの頭皮の状態が以下のような方は、育毛シャンプーと併用する事をおすすめします。

  • 頭皮が固い
  • 頭皮が薄い
  • フケが出やすい
  • かゆみが出やすい
  • 炎症(頭皮が赤くなる)を起こしやすい
  • シャンプーしたらヒリヒリする

このような方は、毛根よりも健康な髪が生える土台となる頭皮のケアもしていきましょう。

毛根と頭皮のケアの違い

育毛剤は毛根に栄養成分を与えて発毛を促進する狙いがあります。

しかし、それは髪が生えてくる毛穴を元気にするアプローチであって、その土台となる頭皮が健康でなければ、健康な髪が生えてくるのは難しいでしょう。

そもそもフケやかゆみのトラブルがあったり、乾燥して固くなった頭皮に育毛剤を塗布しても、育毛剤の効果を正しく発揮するのは難しいでしょう。

育毛シャンプーと育毛剤の違いとは

図解。育毛剤と育毛シャンプー、予防と改善それぞれの役割

育毛剤は毛根やその中にある毛乳頭に栄養成分を与え、血行を促進し発毛を促す目的です。

育毛シャンプーは、頭皮を健康にする目的を持っています。

シャンプーが原因で引き起こす頭皮の問題とは

シャンプーは髪や地肌の汚れを落とす目的で使用していますが、洗浄成分は頭皮に刺激があり、洗い過ぎると乾燥しますし頭皮のトラブルにも繋がります。

頭皮に関わらず、皮膚は乾燥すると痒みが出たり、乾いて固くなったり、フケが出たりします。

その主な原因は洗浄力の強さで、皮膚を乾燥から守る皮脂や油分を取り過ぎてしまうからです。

また、30代を向かえた頃から皮脂や油分の分泌量も低下していくので、若い頃は気にならなかった人でも、それまで使ってたシャンプーでトラブルが出るようになる方もいます。

育毛シャンプーの働きと大事な役割

図解。アミノ酸+美容成分で頭皮の発毛環境を整える育毛シャンプー。優しく洗うだけでなく頭皮に嬉しい美容成分で発毛環境を整える

育毛剤と違い、育毛シャンプーは頭皮を健康にする目的があります。

アミノ酸系や植物由来の洗浄成分で、地肌を優しく洗浄する事で皮脂や油分の取り過ぎを抑えると共に、美容成分・保湿成分が頭皮に潤いを与えます。

健康な頭皮環境を作る事によって、毛根も元気になるでしょう。

薄毛や抜け毛の原因の一つに血流の低下、血行不良が言われますが、頭皮の血流が良くないと毛根の血行も良くならないでしょう。

同じ「育毛」を目的とした商品ですが、育毛剤と育毛シャンプーは役割が違いますので、

  • 色んな育毛剤を試しているけどイマイチ効果が実感できない方。
  • フケや痒みが出やすい方。
  • 頭皮が薄くて固いとお感じの方。
  • 将来心配だから何か薄毛対策したいとお考えの方

頭皮に不安のある方に育毛シャンプーはおすすめです。