コンディショナーでサラサラな髪

スカルプシャンプーを選ぶ際に、

「トリートメント不要」「コンディショナー不要」

シャンプーだけでOKというものが数多くあります。

男性の場合はもともとシャンプーだけしか使っていない方も多いと思いますが、

女性の場合、髪も長いので

  • 「シャンプーだけでゴワついたりしないかな」
  • 「キシキシしたりパサついたりしない!?」
  • 「そもそもシャンプーだけでイイの?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

シャンプーだけでイイの?

管理人(マチ)管理人(マチ)


リンスやトリートメント、コンディショナー不要のシャンプーが最近多いけど、シャンプーだけでも問題ないの?

美容師(マイ)美容師(マイ)


問題ないですよ!

ただし、カラーやパーマのし過ぎなどで痛みが酷く、ゴワゴワしたり乾燥でパサツイたりしている人はシャンプーだけだと指通りが悪くまとまりのない髪に感じられるので、その場合はやっぱりリンスやトリートメントでコーティングしてあげたほうが、髪もセットしやすいですし仕上がりもなめらかになります。

そもそもトリートメントやコンディショナーの意味・役割とは!?

管理人(マチ)管理人(マチ)


リンスやトリートメント、コンディショナー不要で問題ないなら、今まで使っていた意味って何だったの?って気持ちになるけど、そもそもどんな役割や目的で使うものなの?

美容師(マイ)美容師(マイ)


リンスは髪のキューティクルが無防備になっているのを油分でコーティングし、外的からの攻撃を守ってくれます。

コンディショナーはリンスと似ていて髪の毛をコーティングして保湿を保ってくれたりします。

トリートメントは、これも髪を守るものですが、リンス、コンディショナーは外側を主に守ってくれるんですか、トリートメントは髪の内側を守ってくれます。


美容師(マイ)美容師(マイ)


シャンプーだけでOKなのは、あくまで傷んでいない健康的な髪の毛の場合です。
少なからずカラーをしたりアイロンを使ったり髪の毛に負担がかかって傷んでいるなら、トリートメントやコンディショナーを使う意味はありますよ。

髪の状態に合わせて使うべき

管理人(マチ)管理人(マチ)


カラーやパーマで負担をかけていたリ、傷んでいるなら使うべきって事なんですね。

美容師(マイ)美容師(マイ)


そのとおりです。

管理人(マチ)管理人(マチ)


リンスとコンディショナーは外からコーティングして、トリートメントは内側から守ってくれるという事だけど、どっちがいいのかな?髪質とか悩みで選び方ってある?

美容師(マイ)美容師(マイ)


どっちがイイということはありませんよ!
特にこれといったものはないですが、髪のダメージがひどい人はやはり髪の内側から守ってくれるトリートメントのほうがいいかもしれませんね。

トリートメントは、髪の内部に栄養成分を浸透させ、紫外線や外気でダメージを受けた髪の補修や、髪の質感を調整するもので、内部から一時的にですが髪を健康にする目的があるからです。


美容師(マイ)美容師(マイ)


さらに外側もコーティングして髪を守るなら、つける順番としては
シャンプー⇒トリートメント⇒リンス又はコンディショナーになります。

ロングの人も傷みが気になるなら使うべき

管理人(マチ)管理人(マチ)


トリートメント不要。コンディショナー不要。シャンプーのみでOKというものでも、髪の傷みが気になるならトリートメントやコンディショナーを使うべきという事ですね。

美容師(マイ)美容師(マイ)


パーマやカラーしてなくても、ロングの人なら傷みやすい人もいるでしょう。
そういう方は、コンディショナーやトリートメントで毛髪ケアしてあげましょう。

コンディショナーやトリートメント、リンスを使う際の注意点。

美容室でトリートメントしてもらっている女性

コンディショナーやトリートメント、リンスを使う際は、頭皮に付けないように使うのがポイントです。

髪に馴染ませた後にすすぎを十分にするのはもちろん大切ですが、毛髪の一時的な補修や保護が目的なので、頭皮に付けなければ洗い残しが頭皮に付着する心配もなくなりますからね。

また、髪は生えてから年月が経った毛先の方が傷みやすいはずです。
なので根元はそれほど傷んでいませんから、毛先から中間くらいでOKでしょう。

まとめ。トリートメントやコンディショナー・リンスの各役割

図解。コンディショナー・リンスとトリートメントの目的

トリートメントは髪を内側からケア

トリートメントは髪の内側から守るもので、保湿成分を時間を掛けて内部に浸透させ傷んだ髪を整える役割をします。

コンディショナー・リンスはコーティングして保護

コンディショナーとリンスは役割がほぼ同じで、シャンプーしたあとの髪をホコリやゴミから髪を守り、潤いを保つ為のコーティングをしてくれるものです。

内部のケアがトリートメント、コーティングして外からケアするのがコンディショナーやリンスです。

コンディショナーとトリートメントのどっちを使う?

どちらを選ぶか悩んでいる女性

コンディショナーとトリートメントはどちらが良いというものではありませんが、内部から補修するという特性から、毛髪ダメージが酷い方はトリートメントがおすすめです。

また、更にコーディングしてあげるなら使う順番は

シャンプー → トリートメント → コンディショナーの順で使いましょう。

コンディショナーやトリートメントの使用頻度の目安

ハーブガーデンコンディショナーを手に取り出している写真

さらに加えていえば、トリートメントやコンディショナーは毎日じゃなくてもOKです。

特に、アミノ酸シャンプーを使っているならシャンプーすることによる髪へのダメージも少ないですから、2~3日に1回とか1~2週間に1回程度でもOK。自分の毛髪の状態にあった頻度を見つけてみて下さい。

トリートメントやコンディショナーの節約にも繋がります。

この記事のまとめ

  • 無添加のアミノ酸系シャンプーなら、低刺激で頭皮にも髪にも優しいので髪のダメージが気にならなければシャンプーのみでOK!
  • 毛髪ダメージが酷いなら、コンディショナーよりトリートメントがおすすめ
  • 毛髪をケアするコンディショナーやトリートメントは頭皮に付けないように使用しましょう。
  • アミノ酸系のスカルプシャンプーや育毛シャンプーなら、ダメージが少ないのでトリートメントやコンディショナーは2~3日に1回とか1~2週間に1度でもOK!