腹式呼吸する女性

美容師(マイ)美容師(マイ)


腹式呼吸は髪を元気にして、体内のデトックスにも役立ちます。
毛髪が傷みやすくハリやコシも不足して元気がない。とお悩みの方。

また、アンチエイジングにも役立つお話なので参考になさってみてください。

髪をつくる原料は、血流に乗って供給される

毛根の頭皮断面イラスト

女性ホルモンとともに髪にとって大切なのが血液。
この場合の血は血液だけでなくホルモンなどを含めた体液全体をいいます。

その血に余裕のある充分な状態で体内を循環することが髪にとってとても大切。

髪は根っこのところで血管とつながり、血液を通して原料の供給を受けています。

美容師(マイ)美容師(マイ)


栄養状態の良い上質な血液が、サラサラと良好な血流に乗って豊富に供給され続けることが、健全な発毛と育毛にとって最も大切な条件なんです。

逆に、血液の質と血行が悪いと、髪は劣化した状態になっていきます。
パサついたりゴワついたりというのは、血のめぐりの悪化が深く関わっています。

ドロドロの血液は血行を悪くして、そのうち血管そのものをつまらせ弱くしていきます。 そうなると、髪に良い原料が充分に供給されないので、髪は大きなダメージを受けます。

生活の乱れを毛髪が警告している!

髪はからだの一部です。
健全な食生活と充分な休養は、髪ばかりでなく心身すべての健康に欠かせません。

逆にいうなら、健康に過ごすための生活環境が損なわれ、血行不良による栄養不全などが起こりかけているとき、抜け毛や切れげ、くせ毛といったダメージの形で、真っ先に警告を発してくれるのが、髪であるともいえます。

髪は心身の状態を映し出す鏡ですから、食生活の乱れに起因する血行不良もダイレクトに写しだしてしまうのです。

抜けた髪には、その人の過去がつまっている

一般にはあまり馴染みのないことかもしれませんが、髪の大切な役割のひとつにデトックスがあります。

デトックスとは、
体内にたまった老廃物や毒素を体外に排出することで、一般的には尿や汗、大便の役割と理解されていますが、実は髪も大切なデトックス機能を担っています。

髪は、毎日ほぼ一定の長さで伸び続けるため毛髪を分析すればどんな物質がどれくらい体内に入ってきたかを調べることができ、例えると11センチの長さの抜け毛があれば、その毛の持ち主が一年間に取り込んだ重金属や化合物がわかります。
つまり、髪には、そのヒトの過去がつまっているといえるわけです。

呼吸の浅い人は、ストレス性脱毛に悩まされやすい傾向にある

森で両手を広げ深呼吸する女性

漢方には気、血、水という言葉があり、生命活動の基本を意味しています。

人間はこの気、血、水が体中をスムーズに流れ続けることにより、心身ともに調子のよい、健康な状態が維持されます。

一般にストレス性の脱毛に悩まされるのは、いわゆる無呼吸症候群の人に多いと言われています。

呼吸は、血液を全身に行き渡らせるための大切な機能を果たしています。
そのため、腹式呼吸で横隔膜を大きく拡げて、充分なポンプ機能を効かせた呼吸を行うことが大切なんです。

深呼吸は、
ストレスで高ぶった交感神経をしずめ、副交感神経へと切り替える方法のひとつで、ゆったりと深く呼吸することは、髪にとっても大切なことです。

意思と無関係に働く副交感神経の働きを高めること

血液の質と血行に影響を与えるのは食事だけではありません。

神経の働きや精神状態もまた、血のめぐりを大きく左右します。
人間の身体は、自立神経系と呼ばれる不随意神経系によって、呼吸や循環など生命の維持機能を制御されています。

血行をコントロールするのも自立神経系の役割。

不随意神経系は自分の意思ではできないのと同じで毛髪も自立神経系なので髪のために血のめぐりを良くしたいと念じてもなんともならず、体内外の環境が整わないと改善されないのが血行です。

自立神経系は交感神経系と副交感神経系という正反対の働きをする、2つの神経系から成り立つ。

日中の活動期にメインで働くのが交感神経で、仕事や勉強、家事、スポーツなど状況の変化に応じて行動できるような働きをします。

状況変化に即して、緊張状態をコントロールするのが交感神経の働きで強い外的刺激、ストレスを受けたときに最も活発に働きます。

 
一方で副交感神経は、
心身をリラックスさせ、休息させるのが役割。

昼間、緊張状態にあった筋肉をゆるめて血管を広げ、酸素や栄養が全身に行き渡るように働きます。

つまりこの副交感神経が充分に働いているときに、髪に栄養が行き渡り、健全な初育毛が行われます。

 
また、過労や睡眠不足などにより、意思と無関係に働く副交感神経の働きを無理矢理におさえこむと、血行を悪化させ、髪にも深刻な悪影響をおよぼす恐れがあります。

デトックス機能を果たすためにも、毛穴を詰まらせるわけにはいかない!

水銀や鉛といった生命にかかわる有毒物が体内に入ることは、めったにありませんが、髪を介して排外されるのは有毒物に限りません。

鉄、亜鉛、ヨウ素、カリウムといった必須ミネラル分のうち、カラダの中で使われなかったものも、ここに蓄積されます。

そうした機能を損なわないためにも、丈夫で強い髪を維持する必要があります。

そのためには毛穴がつまらないように、頭皮をきれいな状態に保つことが重要。
毛根や頭皮が長期間汚れた状態にはなると、細くて弱い髪しか育ちません。
そうなると体内で不要なものや有害物質を蓄積して排出する働きも弱まり、デトックス機能が低下してしまう原因になります。

美容師(マイ)美容師(マイ)


洗って奪い過ぎても洗い残しもダメ!
キレイな毛穴を保つには毎日使うシャンプーも大事ですよ。